施術の流れ

基本的な施術の流れをご紹介します。

問診(カウンセリング)

問診

初めての方には、問診表をご記入いただきます。それをもとに、お悩みの症状について、お尋ねします。

脈診・舌診・腹診など

検査

脈診・舌診・腹診など、伝統的な方法で、東洋医学的にお体を拝見します。


施術

施術

鍼はり・灸きゅうを、ご希望をお聞きし、お体の反応を拝見しながら、伝統的な鍼灸の方法で、陰陽五行、経絡に対して、施術を行っていきます。鍼はり はすべて使い捨てで、衛生に気を配りながら、行っていきます。鍼が苦手な方には、接触鍼(せっしょくしん)(皮膚・ツボにかざすやり方)や、てい鍼(金属の棒で、ツボを触っていく方法)なども行っています。お子様への小児はりや、刺激に過敏な方へは、刺すことはなく、皮膚を金属で優しく撫でていき調整していく方法になります。

 

お灸をする場合は、ご希望に応じて、知熱灸(ちねつきゅう)という、伝統的な穏やかで効果的な刺激の方法をおこなっています。ほわっとツボが暖かくなり、さっと取るやり方です。熱いのが苦手な方でも、たいていの方は気持ちがよいとおっしゃっています。まれに、お灸の熱が苦手・心配な方もおり、その場合はお灸ではなく鍼のみや、また、台座灸(だいざきゅう)で施術をすることもございます。

オーダーメードの治療になりますので、初めて鍼灸を受けられる方、お子様、ご高齢者、刺激に敏感な方、病中病後の方でも、ご安心して来院されております。


説明

説明

 

施術説明、アドバイス、今後の来院についてなどお茶を飲みながら、お伝えさせていただきます。小さな治療院ですが、いらっしゃった方が、楽しく暖かい気持ちになれるよう、リラックスできる空間になるよう、心を込めて用意しています。どうぞお気軽にご来院ください。完全にプライベートな空間です。どうぞご安心して、どんなことでもお気軽にご相談ください。