鎌倉の鍼灸院 こころとからだの治療院  不妊治療・うつ病・自律神経失調症・冷え・肩こり・頭痛・めまい・便秘下痢
    〜鍼灸(はりきゅう)・指圧・カウンセリング・フラワーエッセンス・漢方相談〜
鍼灸師・漢方薬生薬認定薬剤師による東洋医学・自然療法

あおい鍼灸治療院
Aoi Acupuncture Clinic

ホーム 診療案内 院内風景 地図 プロフィール 学びたい方へ ブログ リンク
 漢方について   
    漢方とは  漢方薬と生薬について 
     ストレスやうつ病の漢方薬  女性の症状に使う漢方薬  当院の漢方相談
漢方とは
漢方は からだ全体(心身・外内)バランスを整える伝統医学です。
体調・体質に合わせて、植物や動物鉱物を薬として調合し、足りない部分を補い、過剰な部分を少なくし、からだが本来持っている自然治癒力を高めていきます。

「漢方」は中国から伝わり、日本で発達した伝統医学を指しますが、中国伝統医学を含めて漢方と呼ぶこともあります。
アレルギー疾患の増加、膠原病、不定愁訴、婦人科疾患、ガンなどの難病、高齢者医療など、西洋医学では対応が難しい疾患も増加してきていることもあり、近年、漢方や鍼灸など伝統医学が再び見直されてきています。

漢方の特徴として、「未病を治す」という言葉があります。
冷え、のぼせ、風邪をひきやすい体質、疲れやすい、気分の落ち込み、不眠、イライラ、便秘下痢、胃腸がもたれやすい、皮膚のトラブル、肩こり、腰痛、西洋薬を飲むほどではない症状、生活習慣病、特に不定愁訴など、西洋医学では原因不明とされる症状にも対応していきます。

これまで西洋医学でいろいろやってみたけれども、改善しなかったという方、ぜひ漢方や鍼灸を試してみることをお勧めいたします。






当院では鍼灸や指圧などの外側からの治療とともに、
食事や睡眠など生活習慣や、漢方薬・ハーブ・
健康食品などについてもご相談に応じています。

漢方薬について

漢方薬は複数の生薬をあわせたものです。
生薬とは、動植物や鉱物の薬効成分をもつ部分を薬として利用できるようにしたものです。もっとも多いのは草木類で、根、茎、樹皮、葉、果実、花、種子などが用いられます。

○植物性生薬
キクの花、シソの葉(蘇葉)、キハダの樹脂(黄柏)、クズの根(葛根)、ショウガの根茎(生姜)、アンズの種子(杏仁)など

○動物性生薬
ロバなどの皮のニカワ(阿膠)、シカの角(鹿茸)、カキの貝殻(牡蛎)など

○鉱物性生薬
硫酸カルシウム(石膏)、炭酸カルシウム(竜骨)、硫酸ナトリウム(芒硝)など



漢方薬は本来、生薬を組み合わせたものを(根っこや花など)ぐつぐつ煮出してお茶のようにして服用するのですが、忙しい現代ではその工程を工場で行い、煮出した漢方薬の有効成分だけを粉状にしたエキス剤を用いることも多くなっています。

漢方薬は、単一成分を純化しただけの医療薬と比べ、成分数が段違いに多く、その薬理作用は複雑多彩で、効果が高くかつ副作用が少ないという利点があります。
2000年以上の歴史をもつ漢方は、長い年月の間に無数の処方を試み、無益で有害なものを淘汰する作業を繰り返してきました。その結果、すぐれた処方だけが残り今日に継承されています。

ストレスやうつ病によく使う漢方薬
ストレスやうつ病、不眠、イライラ、落ち込みなど、心の症状に良く用いられる漢方薬の一例です。

○抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ) 
内容:当帰、釣藤鈎、川キュウ、蒼朮、茯苓、柴胡、甘草、陳皮、半夏

諸種の精神神経症状、神経症、ヒステリー、心因性慢性頭痛、夜泣、てんかん、子供のひきつけ、チックなどに用いられる。更年期障害、高齢者の動脈硬化性痴呆の早期症状などに使用されることも多い。抑うつ傾向、多怒、性急、不眠、ストレス、神経過敏症状、慢性消耗症状などに。


○香蘇散(こうそさん)      
内容:香附子、陳皮、紫蘇葉、甘草、生姜

風邪に、食事性の蕁麻疹に。胃腸虚弱を基盤とした様々な心気症(抑うつ傾向)やアレルギー疾患に用いられる。気うつに対しての薬。こまやかな神経で、消え入るようなしゃべりかた、自罰的傾向があるタイプの方にも用いる。


○半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)  
内容:半夏、茯苓、厚朴、紫蘇葉、生姜

咽喉頭異常感を目標に使用する。不安、不眠など抑うつ神経的訴えに、消化器症状、呼吸器症状、心悸亢進などを伴うことが多い。喉に異物がつまったような感じを目標とする。
コウソサンと並ぶ「気剤」の代表処方で、様々な愁訴が心気的な要素によると判断される神経質症に用いる。取り越し苦労気味や用紙周到なタイプの方に。


○桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
内容:桃仁、桂皮、甘草、大黄、ボウショウ

のぼせと便秘傾向があり、急迫性の精神神経症状が著しいことを目標とする。主として成人女性にあらわれる月経周期に関連しておこる諸種の精神身体症状に対して用いられる。また、泌尿生殖器や皮膚の炎症、高血圧、打撲傷、痔核などにも用いられる。駆お血剤で、体質改善に使用する。


その他、桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)、柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)、加味帰脾湯(かみきひとう)、加味逍遙散  ・(かみしょうようさん)、柴胡清肝散(さいこせいかんさん)などなど。


女性の症状によく使う漢方薬
冷え性、月経痛、月経不順、不妊症、更年期障害など、女性・産婦人科の症状によく使う漢方薬の一例です。

○当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
内容:当帰、川キュウ、芍薬、茯苓、蒼朮、沢瀉

虚証、足腰が冷えて疲れやすく、貧血気味、排尿回数多く、めまい、耳鳴り、動悸、肩こり、頭重感のある人に。
月経痛、月経不順、更年期障害、不妊症、血の道症、子宮内膜炎、つわり、おりもに、各種婦人科疾患の補助。産前産後、流産予防、疲労倦怠感、坐骨神経痛、貧血、冷え性、慢性腎炎、神蔵衰弱、膀胱炎、しもやけ、むくみなどなど。広く使われます。男性にも使います。


○桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
内容:桂枝、茯苓、芍薬、牡丹皮、桃仁

体力中程度で、のぼせ傾向がある人の、いわゆるお血(静脈系のうっ血、出血などに関した症候群)を目標に用いる。頭痛、肩こり、めまい、のぼせ、下腹部痛、下肢の冷感、月経異常、性器出血などを伴うことが多い人に。
月経痛、月経不順、更年期障害、不妊症、血の道症、子宮内膜炎、各種婦人科疾患の補助。神経症、不眠症、不定愁訴症候群、過敏性腸症候群、慢性肝炎、慢性便秘、湿疹、虚弱体質、高血圧、慢性甲状腺機能障害、自律神経失調症など。広く使われます。成人女性に使用することが多い処方です。


○四物湯(しもつとう)
内容:当帰、川キュウ、芍薬、地黄

比較的体力が低下した人の顔色不良、皮膚乾燥、出血、貧血傾向などを目標に用いる。血行不良(顔色がどす黒い、皮膚の栄養低下や乾燥傾向)がある産婦人科疾患(冷え性、月経不順、不妊症、産後の諸症状、更年期障害など)の基本処方です。補血薬。また、慢性の消耗性疾患や免疫がからむこじれた様々な疾患や血圧異常などに広く使われます。
非常に重要な処方ですが、単独で使われるよりも、温清飲、十全大補湯、七物降下湯、疎経活血湯などのように、他の生薬と組み合わせた処方で用いられることが多い。


○加味逍遥散(かみしょうようさん)
主として中年女性に頻用され、症状が逍遥する(あちこち移動する)、いわゆる不定愁訴に用いられる。比較的華奢な体格で、さまざまな自律神経症状(めまい、動悸、頭痛、頭重、不安、不眠、いらだち、のぼせ、肩こり、発作性に起こる発汗、便秘など)に用いられるが、これらの症状が月経異常あるいは月経周期・更年期と関連してあらわれることが多い。また、女性に限らず、このような神経症的傾向を持つ男性にも使用されます。


○当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう) 
内容:大棗、当帰、桂皮、芍薬、木通、細辛、甘草、呉茱萸、生姜
体質虚弱気味で、手足が冷え、頭痛、吐き気、下腹部痛、腰痛、しもやけなどある場合によく用いられます。



当院の漢方相談
あおい鍼灸治療院では、鍼灸・指圧などの施術に加えて、希望された方には無料で漢方相談をおこなっています。また、健康食品、民間薬、ハーブ、ホメオパシー、アロマなど各種植物療法についての健康相談も承っています。

外からと内から両方のアプローチ、体表からの刺激の鍼灸と、内服の漢方薬を併用することで、より治療効果が高まる場合も多いです。
現在服用している漢方薬や健康食品についてアドバイスが欲しい方、また、これからなにかいいものを使用したいと思っている方、お気軽にご相談ください。
心身をじっくり拝見して、漢方・鍼灸などの東洋医学の知識とともに、O−ringテストや、気の相性もみていき、あなたに合う漢方を選ぶお手伝いをいたします。
あおい鍼灸治療院
Copyright (C) aoi. All Rights Reserved.