鎌倉のこころとからだの治療院 肩こり腰痛・ 生理痛・不妊治療・めまい・うつ病・自律神経失調症
     〜鍼灸・指圧・カウンセリング・TFT・フラワーエッセンス・漢方相談〜 
鍼灸師・漢方薬生薬認定薬剤師による東洋医学・自然療法
あおい鍼灸治療院
Aoi Acupuncture Clinic
ホーム 診療案内 院内風景 地図 プロフィール 学びたい方へ ブログ リンク
 フラワーエッセンスについて   
    フラワーエッセンスとは  フラワーエッセンスが合う方  フラワーエッセンスの使い方  
     フラワーエッセンスの種類   当院のフラワーエッセンス   
 


フラワーエッセンスとは

フラワーエッセンスとは、心や感情のバランスを取り戻すための自然療法です。

花や植物のエネルギーを水に転写したエッセンスを用いて、怒り・悲しみ・迷いなど様々な感情バランスを整え、心身のエネルギー状態を調整していきます。

1930年代、イギリスのバッチ博士が体系化した38種類のフラワーエッセンスは、バッチレメディ、フラワーレメディとも呼ばれ、現在では世界各国で、慢性的な感情障害やパーソナリティの障害に対して、癒し・ヒーリング、心療内科や精神科など医療でも使われています。
また、フラワーエッセンスは、副作用の心配がない安全でシンプルな自然療法ですので、敏感な方やお子様、ペットや植物など幅広い方にセルフケアとしても利用されています。

心の状態や性格に合わせてフラワーエッセンスを使用すると、穏やかに心と体と精神のバランスを取り戻していくよう働きかけます。エッセンスが直接、体へ治療薬的に作用することはありませんが、心の状態が改善されることによって、人間に本来備わっている 自然治癒能力が活性されます。

エッセンスを服用している間、しっかり自分を見つめ、物事に敏感になり、様々な気づきを受け取ってみてください。自分を癒すことは、自分自身しか出来ません。フラワーエッセンスはそのお手伝いするものです。

フラワーエッセンスの本場、イギリス・ヒーリングハーブス社
39種のバッチ博士のフラワーエッセンスを使用しています。
フラワーエッセンスが合う方

フラワーエッセンスは、様々な心の悩みや感情に用いることができます。

○気分の落ち込み、元気がでない、やる気がでない、悲しみ、怒り、憎しみ、ねたみ、イライラ、絶望感、迷い、憂鬱感など、頭では分かっているけれども、どうしようもない感情で困っている方

○たびたび繰り返してしまう問題がある方

○ストレスで過食してしまう、お酒を飲みすぎてしまう、止めたいけど止められないことがある、依存してしまう悩みがある方

○人間関係や仕事でストレスを感じている方

○心を押し殺したり、心にうそをついたり、心に付加をかけたり、自分の心や性格とうまくつきあえないと感じる方

○悩みやストレスで、頭痛や肩こり、痛みなどを引き起こしたり、体調も悪くなっていると感じる方

○幸せを感じず、自分らしく生きていないと感じる方

など、感情や心の悩み、性格の悩み、くせなどの問題、人生の悩み、心療内科・精神科の領域の心身の不調に良く合います。

不安になったとき、怒りが収まらないとき、悲しくなったとき、など感情にふりまわされてしまったときに飲んでください。
人ごみで気持ち悪くなったとき、肩が重いとき、頭痛がするとき、目が疲れたとき、だるいときなどなど、体調が悪いと感じたときにもお試しになってみてください。


使い方の例:
○働きすぎの時
 心身ともに疲れきっている、エネルギー不足・・・オリーブ
 仕事に熱中しすぎてやめられない・・・バーベイン
 断りきれずに仕事が増えてしまう・・・セントーリ

○親しい人との別れ
 その人との思い出に浸ってしまう・・・ハニーサックル
 自分がかわいそうで怒りを感じる・・・ウィロウ 
 ショックが大きく立ち直れない・・・スターオブベツレヘム

○失敗してしまった、失業してしまった時
 がっかりして落ち込んでいる。・・・ゲンチアナ
 予期していなかったのでショック・・・スターオブベツレヘム

スターオブベツレヘム
PTSDやトラウマ、過去のショックな出来事が
現在にも影響を及ぼしているときに良く合います。

フラワーエッセンスの使い方

フラワーエッセンスは、1日4〜5回、1回に4〜5滴、舌下や飲み物に落として使用します。本人が欲しいと思うときは体が必要としている時ですので、それ以上でも、欲しいだけ飲んでもさしつかえはありません。1回の滴数はそのままで、回数を増やしてください。まずは自分の直感に従ってください。
医薬品ではありませんので、飲みたいときに何回飲んでもいいものですが、多く飲んだからといって効果が高まるわけではありません。継続して続けることによって、心やからだの問題を解決する手助けとなります。

市販されているエッセンスのボトルを購入して使います。
また、自分に必要なフラワーエッセンスを1〜6種類ぐらい選び、ミックスして、今の自分にぴったり合うエッセンスを作ることもできます。
あおい鍼灸治療院では、カウンセリングの上、その方にぴったり合うオリジナルエッセンスボトルを作ってお渡ししています。
特に、慢性的な心の状態に対し、エッセンスを継続して使う場合にこの方法を使います。
作り方は、30ml位の消毒を十分にしたガラスのスポイトボトルに、小さじ一杯程度のブランデーを保存料としていれ、ミネラルウォータを20mlぐらい注ぎます。そこに各ボトルから2、3滴ずつたらして、よく振って出来あがりです。作ったボトルは、2週間を目安に飲み切ってください。

エッセンスは服用以外にも様々に使用が可能です。お部屋にスプレーしたり、お風呂に入れたり、マッサージオイルに混ぜたり、そのほかにも使い方は自由です。自分なりの方法で毎日の生活に取り入れて使ってみてください。


フラワーエッセンスの種類

フラワーエッセンス(バッチレメディ、フラワーレメディ)の38種類について、簡単にご紹介します。
分かりやすいように、バッチ博士の感情の分類に従って、まとめました。

【現実への無関心】
クレマチス:夢見がち。空想癖・集中力の欠如。上の空。
ハニーサックル:過去の思い出に浸る。ノスタルジーや後悔。
ワイルドローズ:無力感。あきらめ。
オリーブ:心身とも疲労している。エネルギー不足。
ホワイトチェストナット:繰り返し同じ不安がつきまとう。心配事で夜も眠れない。
マスタード:理由もないのに悲しく、憂鬱。生理時など。
チェストナットバッド:経験から学ばず同じ過ちを繰り返す。

【淋しさと孤独】
ウォーターバイオレット:プライドが邪魔して人と距離を置く。
インパチエンス:忍耐が出来ず、すぐイライラ。
ヘザー:話好きだが自分の事ばかり。自己中心、自意識過剰。

【人や周囲に敏感すぎる】
アグリモニー:快活な表情の裏の精神的苦悩、内心は悩みでいっぱい。
セントーリー:気が弱く他人の言いなりになる。
ウォルナット:人生の変わり目のストレス。新しい環境になかなかなじめない。
ホリー:嫉妬、猜疑心、嫌悪感、攻撃性

【不安と恐れ】
ロックローズ:パニック的な恐怖。
ミムラス:対象がわかっている恐れや不安、内気さ、臆病。
チェリープラム:理性では抑えられない動揺、心の抑制を失うような恐れ。
アスペン:対象のわからない漠然とした不安。
レッドチェストナット:愛する他人への過度の心配。

【内心の不確かさ】
セラトー:確信がなく他人意見や確証を求める。
スクレランサス:優柔不断、ためらい、気持ちの揺れ。乗り物酔い。
ゲンチアナ:落胆して気持ちが動揺する。
ゴース:希望が持てず後ろ向き、絶望して何をやっても無理だと考える。
ホーンビーム:やる気が出ない。やる事がたくさんあるけれど後回しにしている。
ワイルドオート:人生の岐路や方向性についての迷い。

【失意と絶望】
ラーチ:劣等感、自信がなくて失敗が怖い。
パイン: 他人の過ちでも自分を責めたくなる。
エルム:仕事と責任感の重圧に苦しむ。
スウィートチェストナット:完全な失意、暗澹たる絶望。
スターオブベツレヘム:肉体的、精神的、感情的なショック・トラウマ。
ウィロー:恨みと自己憐憫、惨めな自分が苦々しい。
オーク:疲労困憊して限界に来ているが、懸命にがんばり続ける。
クラブアップル:潔癖症、些細なことで自己嫌悪に陥る。

【他人のことを気にしすぎ】
チコリー:愛する人から見返りを求める。
バーベイン:強い信念や熱意、他人を説得したがる。
バイン:リーダー的支配欲、厳格で威圧的。
ビーチ:批判的で他人を許せない。
ロックウォーター:かたくなに理想や主義でを追求。自分抑圧、自己否定。

当院でのフラワーエッセンスの使い方
フラワーエッセンスをご希望の方には、カウンセリングの上、エネルギーの流れを調べながら、合うエッセンスをお選びし、2週間分のオリジナルのエッセンスボトルをお作りしています。通常、約50分お時間をいただいております。また、ご希望・心身の状態に応じて、ヒーリング・気功も行っています。
ご希望に応じ、一度のみのフラワーエッセンスカウンセリングの場合もありますし、また、相談の上、継続して定期的にフラワーエッセンスカウンセリングを行う場合もあります。

鍼灸や指圧などの施術を受けられた方には、オプションの形で上記と同じ内容で、約30分程度お時間をいただき、フラワーエッセンスカウンセリングを行っています。

鍼灸・指圧を行いながら、必要と感じた場合には、ツボや経絡(エネルギーの流れ)にフラワーエッセンスを外用で使うこともあります。
体の調整に鍼灸や指圧などの外側からのアプローチを、そして、心の調整にフラワーエッセンスを併用しています。

フラワーエッセンスのみ、また、施術とフラワーエッセンスの併用、どちらもおこなっておりますので、どうぞご希望をおっしゃってください。完全個室のお部屋で、医療従事者がしっかりとお話をお聞きしていきます。どうぞご安心の上、なんでもお気軽にご相談ください。

あおい鍼灸治療院
Copyright (C) aoi. All Rights Reserved.